◇長編小説◇里見 蘭「漂白」目次

里見 蘭「漂白」目次

序章_予震

▶︎ 連載第1回
 「正義」とは!?若き女性弁護士が困難な刑事裁判に臨む、本格法廷サスペンス連載スタート!

▶︎ 連載第2回
 法廷内の視線を一身に浴びて弁護人・川村志鶴の最終弁論がはじまる!

▶︎ 連載第3回 
  「異議あり!」検察官から激しく声が飛ぶなか、志鶴は事件の核心に迫る──。

▶︎ 連載第4回  NEW!
 裁判員と裁判官に一度形成された有罪の心証を覆すのは困難だが──。

▶︎ 連載第5回 2018-09-28 更新予定

 


 

里見 蘭(さとみ・らん)

1969年東京都生まれ。早稲田大学卒業。2004年、『獣のごとくひそやかに』で小説家デビュー。08年『彼女の知らない彼女』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。主な著書は、『さよなら、ベイビー』『ミリオンセラーガール』『ギャラリスト』『大神兄弟探偵社』『古書カフェすみれ屋と本のソムリエ』『天才詐欺師・夏目恭輔の善行日和』など。