小説家にとって腕の見せ所と言われているのが、食の描写です。
 池波正太郎『鬼平犯科帳』の魅力は数多くありますが、作中に出てくる食べ物があまりに美味しそうであることも、その一つであることは間違いありません。
 また、どんな小説を読みたいか30代~50代の女性(本を買って読む習慣のある主要層)にアンケートすると、「食にまつわるお話」とこたえる方の比率は非常に高くなっています。
 今も昔も“食小説”には一定以上のニーズがあります。

 このたび、食の描写に秀でたフィクションの書き手の発掘を目的として、「日本おいしい小説大賞」を創設いたします。
 選考委員には、直木賞作家の山本一力氏(食の代表作は『銀しゃり』『だいこん』)、作家の柏井壽氏(食の代表作は連続ドラマ化された「鴨川食堂」シリーズ)、放送作家・脚本家の小山薫堂氏(伝説のテレビ番組「料理の鉄人」構成)をお迎えしました。

山本一力(やまもと・いちりき)●1948年高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒。97年『蒼龍』で第78回オール讀物新人賞を受賞しデビュー。2002年『あかね空』で第126回直木賞を受賞。著書に『損料屋喜八郎始末控え』『銀しゃり』『だいこん』『ジョン・マン』『竜馬奔る』『長兵衛天眼帳』など多数。

柏井壽(かしわい・ひさし)●1952年京都府生まれ。テレビ番組や雑誌の京都特集で監修をつとめる。エッセイ作品に『極みの京都』『日本百名宿』『ぶらり京都しあわせ歩き』『グルメぎらい』など多数。小説作品に『鴨川食堂』『鴨川食堂おかわり』『鴨川食堂おまかせ』『鴨川食堂はんなり』などがある。

小山薫堂(放送作家・脚本家)●1964年熊本県生まれ。日本大学藝術学部放送学科卒。放送作家。「料理の鉄人」(95年)「トリセツ」(2003年)は国際エミー賞に入賞。08年公開の映画「おくりびと」で 第60回読売文学賞戯曲・シナリオ部門賞、第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語部門賞を獲得。

募集対象
古今東西の「食」をテーマとする、エンターテインメント小説。ミステリー、歴史・時代小説、SF、ファンタジーなどジャンルは問いません。自作未発表、日本語で書かれたものに限ります。
原稿枚数
20字×20行の原稿用紙換算で400枚以内。
原稿規格
・A4サイズの用紙に縦組み、40字×40行、横向きに印字。 必ず通し番号を入れてください。 ・①表紙【題名、住所、氏名(筆名)、年齢、性別、職業、略歴(商業出版の経歴のある方は、応募時のペンネームと別名義であっても略歴に必ず刊行歴をお書きください。)、文芸賞応募歴、電話番号、メールアドレス(※あれば)を明記】②梗概【800字程度】、原稿用紙換算時枚数③原稿の順に重ね、右肩をダブルクリップで綴じてください。 ・なお手書き原稿の作品は選考対象外となります。
締め切り
2019年3月31日(当日消印有効)
応募宛先
〒101-8001 東京都千代田区一ツ橋2-3-1
小学館 出版局文芸編集室「第1回 日本おいしい小説大賞」係
選考方法
・2019年4~5月 第一次選考
・2019年6月末 第二次選考 最終候補作決定
・2019年7月20日ごろ 最終選考会にて受賞作決定
・2019年冬、受賞作を刊行予定
入選発表
・小説誌「STORY BOX」2019年8月号誌上で最終候補作を発表
・小説誌「STORY BOX」2019年9月号誌上で受賞作を発表
大賞賞金300万円
出版権他
受賞作の出版権は小学館に帰属し、出版に際しては規定の印税が支払われます。また、雑誌掲載権、Web上の掲載権及び二次的利用権(映像化、コミック化、ゲーム化など)も小学館に帰属します。
注意事項
二重投稿は失格。応募原稿の返却はいたしません。選考に関する問い合わせには応じられません。
個人情報について
応募原稿にご記入いただいた個人情報は、「第1回 日本おいしい小説大賞」の選考及び結果のご連絡の目的のみで使用し、あらかじめ本人の同意なく第三者に開示することはありません。 小学館のプライバシーポリシーについてはこちら