書店員さん おすすめ本コラム

つめたい空気の中で読む静けさと陰りに満ちた本たち

喜久屋書店倉敷店(岡山) 三玉一子さん
秋の気配が見え隠れしだす夏の終わり頃、暑さが苦手な私は一刻も早く涼しさを掴まえようとして、静けさや陰りに満ちた小説を手に取りがちだ。現実世界では出勤時はまだまだ汗だくでも、小説の中の風景を思い浮かべるだけで頭と心がひんやりと静けさに包まれる。

ホラー? サスペンス? 不思議で哀しい耽美な翻訳小説集めました

ジュンク堂書店三宮駅前店(兵庫) 荒木遥香さん
翻訳小説ってちょっと難しそうで手に取りにくいイメージがありませんか? でも読まないと勿体ない名作がたくさんあります。私の志向に刺さった作品の中からなるべく読みやすいものを選びました。

多様性社会を生き抜く。

明林堂書店南佐賀店(佐賀) 本間 悠さん
「これセクハラじゃん」何気なく見ていたテレビに向かって、中学三年生になる息子がそんな事を言う。ふくよかな体型の女性が、そのことを周囲にイジられている場面だった。イジられている当人を含め、画面の中の人たちは、みな楽しそうに笑っている。息子はテレビをつまらなそうに一瞥すると、手持ちの端末からYouTubeにアクセスした。

アイルじゃないよ、アイスだよ。

旭屋書店新越谷店(埼玉) 猪股宏美さん
突然ですが私、アイスランドが大好きです!とにかく自然のパワーに圧倒される、火山と氷河の国アイスランド。ここ数年、日本からのツアー客も増えてきているものの、まだ知名度が低いのか、よくアイルランドと間違えられる国アイスランド。今回はそんなアイスランドにまつわる本を紹介します。

忙しくて時間がなくても読みたくなってしまう作品

八重洲ブックセンター京急百貨店上大岡店(神奈川) 平井真実さん
最近1日の終わりが本当にあっという間で、起きてから仕事に行き、仕事を終えて自宅に帰ってきたらもう日付が変わっており、今日なにしてたっけ私……なんてこともしばしば。学生時代、あんなにもてあましていた時間はどこにいったの?

「言えない」ことと「言ってしまった」こと

三省堂書店そごう千葉店(千葉) 矢澤真理子さん
思っていても言わずにいること、逆に思わず言ってしまったこと……ふとした瞬間に思い出すことはありませんか? そんな気持ちに心当たりのある方にぜひお薦めしたい三冊をご用意しました。読みながら、あなたにとって大切な誰かが思い浮かんでくること必至です。

からの心を満たすもの

未来屋書店石巻店(宮城) 恵比志奈緒さん
 亡霊が、自らの骸を引き摺って歩いている。そんな心境でいた一〇代の頃、拠り所にしていた書店でふと手に取ったのが梶井基次郎の『檸檬』であった。どのような作品かと頁を捲るうち、表題作の一文が目に留まった。それは「私」が幼き日に嘗めてみた硝子のおはじきの味覚、甘美な思い出の吐露であった。

日常の中に宿る美しさを伝える〈物語〉

喜久屋書店倉敷店(岡山) 三玉一子さん
物語を読む頻度が以前に比べて随分少なくなっていることに気づいた。育休から復帰して一年が経った。時短勤務のため早送りで業務を終え、消化不良の気持ちを振り切って保育園へ。夕飯の支度と家事諸々を片づけて九時頃子供と布団に入り、目が覚めたら朝、という日も少なくない。いやむしろ多い。そうした生活のリズムにもこの一年で慣れ、そっと本のページを開く時間も戻ってきた。

ミステリかぶれもビックリ!

ジュンク堂書店三宮駅前店(兵庫) 荒木遥香さん
ミステリばかり読んでいると途中で犯人がわかってしまったり、伏線に気付いたりと展開が読めてしまい残念に思うことはありませんか?そんなミステリかぶれを吹き飛ばしてくれる本をご紹介します。『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』 麻耶雄嵩 こちらはメルカトル鮎という探偵が奇妙な事件を解き明かす新本格派ミステリです。