nazotoki
朗読劇「謎解きはディナーのあとで」の開演を記念して、原作者の東川篤哉さんと、声優の伊東健人さん、田中あいみさんのお三方の鼎談が実現しました!!

 シリーズ累計400万部を超える国民的ミステリー小説『謎解きはディナーのあとで』の「朗読劇」が4月24日から銀座・博品館劇場で上演中です。公演を記念して、小説丸では、原作者の東川篤哉さんと朗読劇に出演する声優の伊東健人さん、田中あいみさんによる鼎談を3回にわたってお届けしています。第2回も盛り上がっています。お楽しみください。

● 第2回 ●

「猫」を見逃さないでほしい

東川……今回の舞台は声優さんが一人一役でなく、主役もやれば脇役もやりますよね。声も変えているのに、それがすごく聞き取りやすいのですごいなと思います。

田中……私は今回初めてやる『犯人に毒を与えないでください』でナレーションをやりつつ、複数の容疑者役を担当します。「人物のセリフ~ナレーション~別の人物のセリフ」と続くシーンがあるので、照明に助けてもらいながら、気持ちを込めてメリハリがつくよう心がけています。しかも私が担当する登場人物はみんな年齢が高めで、わりと厳格な性格なので、キャラクターが若干偏りがちになるけれど、そのなかで細かなニュアンスの差をつけていきたいです。

伊東……僕は猫の役もやりますからね。どうやって演じるかは、本番を見てのお楽しみ。

田中……猫のシーンは今回の台本でいちばん面白いところです。

伊東……猫も大事な役割を担っているので、見逃さないでほしいです。僕は影山、容疑者、猫を同時に担当するので、振れ幅がいちばん見せやすい。影山やってから猫とか、猫やってから影山とか。

東川……それって元に戻れなくなりません? 猫やってから影山やったら違う声になったり、ちょっと混ざっちゃったりとか。

higasikawasan

 

伊東……それはそれで面白そうですね(笑)。そこは本をちゃんと読んでいれば大丈夫だと思いますが、本番ならではの感じでちょっと混ざったりしたら面白いかも。

田中……本番のノリってありますよね。本番の空気感とテンションで声優が乗っていける時があります。登場人物が気持ちよく切り替わって、見ている方に「おおっ」と思ってもらえたり、それぞれのキャラクターが際立って聞こえるような役作りやメリハリに気をつけたいです。

「笑い」と「謎解き」を楽しんで

東川……前回の公演の印象では、皆さん真剣に聞いてくださるなかで笑い声も出ました。やっぱり原作者としては、笑い声が出ると嬉しいです。楽しいところは笑って、謎解きのところは考えながら聞いてもらえるのがいちばんです。ただ僕自身は、自分の作品を詳しく読み返さないので内容を忘れて、「あれ、犯人誰だっけ?」「この先どうなるんだっけ」と思ってしまいそう。「意外と面白いな、俺こんなこと書いたんだ」って(笑)

伊東……コメディ色が強いけど作品はミステリーなので、人が亡くなったり謎があったりします。それでも晴れやかでライトな気持ちになって見てもらいたい。終了直後にお客さんの穏やかな笑顔が見えたら嬉しいです。

itosan

 

田中……お客さんにクスッて笑ってほしいところは大抵、男性のセリフに含まれています。その部分をどなたかがやった時にお客さんが「フフフッ」となるとこっちも嬉しくて「よし!」となります。客席の反応があまりよくない時は、「ああ、今日は真剣に聞いてみたいお客さんなんだな」と思うようにしています(笑)

伊東……影山が「お嬢様の目は節穴でございますか」みたいに本当に口の悪い決め台詞を麗子に言う時は、「ここまでの話で謎は解けます」という合図です。そこから空気が変わって謎解きが始まる。登場人物の掛け合いで笑っていただき、ミステリーの謎解きを真剣に聞いていただきと、お客さんには両方経験してもらいたいです。GW中に一度と言わず何度でも観劇してほしいですね。

日によって演者が変わります

東川……いまさらですが実は僕、昔から声優さんが好きで、堀江由衣さんのファンクラブに入っているんです。

田中……ええっ!? 

tanakasan

 

東川……田村ゆかりさんも好きですね。

伊東……ガッツリじゃないですか!

東川……ストーリー性のあるものは違う目で見てしまって純粋に楽しめないからアニメはあんまり見ないけど、ラジオの声優さんが好きなんです。だから自分の作品が朗読劇になって嬉しかったですね。
 キャラクターは僕が作ったものだけど俳優さんや声のことまで考えてなく、影山や風祭警部に声をあてるイメージがないので「どういう喋り方をするんだろう」ってとても興味があります。前回公演の風祭警部はすごく弾けた感じだったので、「風祭ってこんな男だったんだ!」と衝撃を受けました。

伊東……日によって演者が変わるのも今回の見どころのひとつです。とくに風祭警部は演者によってテンションの差が出ます。僕自身、自分でやると自分の中の引き出ししか見えないから、いろんな人のいろんな役を見てみたいですね。

田中……私も別の方がやる麗子を見て、自分にないテンションで影山や風祭警部に接していたら、「あ、その言い方カワイイかも」「ここ、ちょっともらっちゃお!」と思ったりします。とくに容疑者の面々は演者によって全然違ってくるはずです。

 

←第1回はこちら

第3回はこちら→


伊東健人(いとう・けんと)
声優。東京都出身。主な出演作品に「THE iDOLM@STER SIDE M」「ヲタクに恋は難しい」「機動戦士ガンダム サンダーボルト」「新・あたしンち」「マギ シンドバッドの冒険」「パンチライン」「銀魂」「俺物語!!」などがある。趣味は作曲、ギター、ドラム。

東川篤哉(ひがしがわ・とくや)
1968年広島県生まれ。2002年デビュー。11年、『謎解きはディナーのあとで』で第8回本屋大賞第1位。著作に『放課後はミステリーとともに』『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』などがある。

田中あいみ(たなか・あいみ)
声優。東京都出身、神奈川県育ち。2016年、第10回声優アワード新人女優賞を受賞。主な出演作品に「つうかあ」「干物妹!うるまちゃん」「わしも WASIMO」「ピカイア!」「アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd」などがある。特技はギター弾き語り。

 

▼ニッポン朗読アカデミー 朗読劇「謎解きはディナーのあとで」公式サイト
http://rouacastage.com/

▼原作小説「謎解きはディナーのあとで」(東川篤哉 著)特設サイト
http://www.shogakukan.co.jp/pr/nazotoki/