nazotoki
朗読劇「謎解きはディナーのあとで」の開演を記念して、原作者の東川篤哉さんと、声優の伊東健人さん、田中あいみさんのお三方の鼎談が実現しました!!

 シリーズ累計400万部を超える国民的ミステリー小説『謎解きはディナーのあとで』の「朗読劇」が4月24日から銀座・博品館劇場で上演される。日本中を席捲した令嬢刑事・宝生麗子と毒舌執事・影山の名コンビを若手人気声優たちが朗読化するとあって、期待は高まるばかり。公演を記念して、小説丸では、原作者の東川篤哉さんと朗読劇に出演する声優の伊東健人さん、田中あいみさんによる鼎談を3回にわたってお届けします。

 

● 第1回 ●

声だけで動きを表現する

伊東……僕は東川先生と本格的にお話しするのは今回が初めてです。実は昔から先生のファンで、今日は『謎解きはディナーのあとで』の単行本を持ってきました。対談が終わったらサインしてください(笑)。

東川……ありがとうございます(笑)。前回の公演を見させてもらいましたが、本当は自分の作品を朗読されるのは相当恥ずかしく、『謎解き~』がドラマになった時も照れくさくて見ていないんです。ましてや朗読だと自分の書いたセリフがそのまま読まれるので、見たいような見たくないような感じで最初はすごく緊張して、針のむしろにいるような気分で観劇しました。
 その時は自分でもストーリーを忘れていて、「ああ、こんな話だったのか」と客観的に楽しめました。声優さんが声だけで動きを表現するのがすごく面白かったので、今回のGW公演もとても楽しみにしています。実際に見る時はまた緊張しそうだけど(笑)。

higasikawasan

 

伊東……確かにこの「朗読劇」は4人が椅子に座ったまま朗読する形式です。細かな動きがあったり、跳んだり跳ねたりする朗読もありますが、今回の「朗読劇」は声だけで芝居をします。
 動きがない分の難しさもありますが、前回も出させていただいて、ある程度の空気感はわかっています。僕はもともとあまり緊張しないほうなので、いまはフラットな気持ちで開演を楽しみにしています。

田中……緊張しないなんて、うらやましい(苦笑)。私は“緊張しい“なので、本番で噛まないか心配しています。前回の公演もやらせていただきましたが、作品の良さもさることながら、朗読中に照明や音楽が入ってきて、演出面でも言葉や気持ちが乗りやすかった。今回も演出のカッコいい部分と登場人物のかけ合いのメリハリを楽しめたらいいなと思っています。

キャラクターがわかりやすくて魅力的

伊東……『謎解き~』はキャラクターがすごくわかりやすくて魅力的ですよね。原作者を前にしてこんなこと言うのは失礼かもしれませんが……。

東川……いえいえ、嬉しいです(笑)。

伊東……口の悪い執事とお嬢様刑事がいて、風祭警部という面白いキャラもいます。今回の朗読劇では、容疑者の面々も含めて10名ほどの登場人物を男性2人、女性2人の計4人で担当するので、声優としては腕の見せ所です。

itousan

 

田中……私も台本を読んで、登場人物の人物像が全部バラバラでキャラクターの色付けがはっきりしているので、演じ分けがしやすいと感じました。読んでいて面白いし、演じる時もそれほど難しく考えずスッと入れます。

東川……前回の公演を見た時は、声優さんのスキルの高さに驚きました。僕が書いたセリフが自然な会話のようになっていて、感情豊かに肉体を持つような掛け合いになっている。それぞれのキャラクターがさらに際立つような舞台になっていて、とてもよかったです。

ふたりとも口は悪いけど愛おしい

伊東……僕は今回、影山と風祭警部と容疑者の面々を演じます。でも影山の場合、「口の悪い執事」ってあまりリアルじゃないですよね。

東川……そもそも、日常生活で執事に会うことがめったにない(笑)。

伊東……そうですよね。しかも彼の口からは悪い言葉がポンポン出てくる。ある意味、ファンタジーな存在だから、想像する余地がたくさんあって面白い。身近にいない分、やりがいがあります。

田中……私が演じる宝生麗子は、自由奔放で感情がコロコロ変わることが魅力的な女性です。口が悪いのに拗ねてみたり、キャンキャンと食ってかかる時もあれば、ちょっと甘えることもある。だから自由に演じつつ、細かなニュアンスを交えて麗子のかわいさプラス、彼女が影山を頼っているところをしっかり見せたい。麗子にとって影山が大切な執事であることをお客さんに伝えたいですね。

tanakasan

 

東川……麗子と影山はそれほど立派な刑事や執事ではないけど、原作者としては、愛されるキャラクターになってほしい。
 あまりやりすぎて境界線を越えると読者に嫌われてしまうので、そこは書きながらも気にしています。どこまでキツく言うか、どの程度優しく言うかは、今回の公演で麗子と影山を演じる方も考えているんでしょうね。

伊東……そうですね。実際に口の悪い男は嫌われますからね。口が悪いながらもかわいげやカッコよさが出てくればいいと思います。
 あとはヒロインがいかにキレイで素敵に見えるかは影山にかかっているので、宝生麗子のかわいさが出るように言葉を投げかけようと思っています。ふたりとも確かに口が悪いけど、口が悪いところが愛おしくて好きになってもらえるように、自然にもっていければいいかな。口の悪さをプラスに変える感じです。

第2回はこちら→

 


伊東健人(いとう・けんと)
声優。東京都出身。主な出演作品に「THE iDOLM@STER SIDE M」「ヲタクに恋は難しい」「機動戦士ガンダム サンダーボルト」「新・あたしンち」「マギ シンドバッドの冒険」「パンチライン」「銀魂」「俺物語!!」などがある。趣味は作曲、ギター、ドラム。

東川篤哉(ひがしがわ・とくや)
1968年広島県生まれ。2002年デビュー。11年、『謎解きはディナーのあとで』で第8回本屋大賞第1位。著作に『放課後はミステリーとともに』『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』などがある。

田中あいみ(たなか・あいみ)
声優。東京都出身、神奈川県育ち。2016年、第10回声優アワード新人女優賞を受賞。主な出演作品に「つうかあ」「干物妹!うるまちゃん」「わしも WASIMO」「ピカイア!」「アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd」などがある。特技はギター弾き語り。

 

▼ニッポン朗読アカデミー 朗読劇「謎解きはディナーのあとで」公式サイト
http://rouacastage.com/

▼原作小説「謎解きはディナーのあとで」(東川篤哉 著)特設サイト
http://www.shogakukan.co.jp/pr/nazotoki/